CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 秋にも楽しいことが♪ | main |
最後の日記

今日でこちらのブログは最後にしようと思います。

と言っても、ほとんどの放置して居たので、今更なに言ってるのって感じですが(^_^;)

これからはインスタでイベント情報など色々お知らせしていきますので、ぜひインスタの方も覗いてくださいね!!
インスタアカウント chez_mimi_24



こちらでの最後のお知らせは悲しいお知らせでごめんなさい。

先日、chez mimi の看板猫"コタツ"が天国へと旅立ちました。

みなさんにお知らせしようかどうか迷ったのですが、イベントに訪れてくれるたびに「コタツちゃん元気ですか?」と気にかけてくれたり、ショップカードのコタを気に入ってくれたり、
たくさんのお客様がコタを愛してくれていたのでご報告しなくてはと思いました。

コタとの出会いはchez mimiでした。

ある時、仲良しのお客さんが「子猫を拾ったんだけど、飼い主募集のお知らせを貼らせてもらえるかな」とお店にいらっしゃいました。
その時点ではまだポスターも無く、写真も見てないかったのですが、
「私が飼うよ」と即答。
ちょうど、引越ししたばかりで動物を飼える環境が整った時でした。
なのでコレは運命だと思ったのです。

そして程なくして我が家に子猫ちゃんがやって来ました。
両手にちょこんと乗っちゃえるくらいに小さな子猫。
「猫はこたつで丸くなる」ってところから名前はコタツに。

仕事をしてる間、家でひとりで留守番させるのが心配で最初の1-2ヶ月は同伴出勤してました。
お店でコタに会われたみなさんはこの時の子猫のコタの印象が強いと思います。

お店では主に私の膝で昼寝して、看板猫としてみなさんに可愛がってもらっていました。

猫の成長は早くあっという間で、すぐに重くなってしまったので、コタの入ったキャリーを担いで通勤が大変になり、それからはお家でお留守番。

毎日家に帰ると玄関までお迎えに来てくれてました。
甘えん坊で抱っこも大好き。
お店で色んな人に優しくされたからか、人間も大好き。
猫っぽくない性格の猫でした。

お風呂が好きで、私がお風呂に入る時はついて来てお風呂の蓋に乗ってお湯を飲んだり昼寝したり。
洗面所の水道から直接水を飲むのも大好きで、洗面所で身支度なんかしていると、ガラッとドアを開けて入ってきました。
クローゼットの中がお気に入りの昼寝場所。棚の上に置いてあった私のストール上で寝てたので、もちろんストールは毛だらけでコタの専用毛布になりました。

娘が産まれてからは、しっかりお兄ちゃんをしてくれました。
赤ちゃんが泣いてると呼びに来たり、一緒に昼寝をしたり。
どんなに娘たちがイタズラしようと決して引っ掻いたり噛み付いたりはしませんでした。


今年の夏に食欲が全然なくなり、病院に行くと血液が壊れてしまう病気との事。
1ヶ月程薬を飲むと血液の数値も戻り、体調も良くなりました。
でも11月頃からまたご飯を食べたり食べなかったり...
病院に連れて行くと同じ病気が再発していました。
今度は同じ薬が効かず、どんどん悪化。
違う薬を使ってみることに、その薬は効き目が出るのに少し時間を要するとの事。
薬が効くまで少しでも血液の数値を保てる様に、獣医さんからの提案もあり、色々考えて輸血もしようとなりました。
食べるのが大好きで朝早くから「ご飯ちょうだ〜い」って起こしに来ていたコタが、この時にはもう自分からはご飯を食べてくれませんでした。

ドナーの猫ちゃんは3匹いましたが、残念ながら血液型が合わず。
猫はほとんどがA型らしいのですが、コタはAB型でした。
道理で猫っぽくない性格なはずだと妙に納得しました。
細かく言うと緊急の場合はAB型の猫にはA型を輸血していいらしいのですが、別のマッチテスト的な所でダメだったのです。

ご飯を直接口に持っていき食べさせたり、点滴をしたりして、新しい薬が効いてくれるのを祈りましたが、それは叶いませんでした。

再発してからはホントあっと言う間でした。

今でも、クローゼットの中で昼寝してるんじゃ、カーテンの後ろに隠れてるんじゃないかと思ってしまいます。
家のどこに居ても、コタとの思い出がいっぱいです。
本当にコタから幸せをいっぱいもらいました。

9年半という短い時間だったけど、本当に本当にありがとう。
もっともっと一緒に居たかった。
また来世でも私の所に来て欲しい。

コタはいつまでもchez mimiの看板猫で、我が家の長男です。


長々と失礼いたしました。
これで最後と言いながら、また長い日記を書きたくなったら、こちらで書くかもしれませんが...

皆様に素敵なクリスマスと新年が訪れますように☆

| mimi | 15:28 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする